2009年09月04日

車の破壊方法

ガソリンを入れる口に、砂糖(グラニュー糖等)を、漏斗とチューブをつ
なげたものを使用し、中に入れます。大体、100g程度でしょうか。

参照
http://www.gekiura.com/file/kmr/kurumahakai.jpg

これで、エンジンは掛かっても、時間が経つと突然車が止まります。
復旧困難、ほぼ不可能と考えると良いでしょう。

これは、砂糖が中でガソリンを入れて燃焼し、炭化する為に起こる故障
です。バイクにも利用できます。エンジンを交換するとして直すとして
も、これらの場合、直すには一体いくらかかる事やら・・・。
posted by ubermensch at 00:24| Comment(0) | 完全犯罪系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。