2009年09月04日

「空飛ぶ円盤」型の超小型飛行機

軍事用ロボットの形状はさまざまだ。小型自動車や戦車から、鳥、昆虫、ヘビ、さらには野球のボールの形をしたものまである。

英国の新興企業Aesir社では、SFの古典的なコンセプト「空飛ぶ円盤」に基づいた、小型の無人飛行機シリーズを製作中だ。

軍事技術ブログ『Ares』に掲載されたGraham Warwick氏の記事によると、Aesir社は、[2008年末に事業を停止した]英GFS Projects社から資産を買収した。その資産の中には、直径が30センチのものから1メートルを超えるものまで、3種類の空飛ぶ円盤が含まれていた。

上の動画はAesir社による最初の試作機『Embler』のもので、いわゆる「コアンダ効果」を実演している。カーブした表面に空気が「くっつく」ことで、空気を加速させるのだ。Aesir社の無人機は、コアンダ効果を利用し、空気を機体下方に離れるように流すことで揚力を得ている。

Aesir社にはまだ支払いを行なう顧客がついていないようで、1人の投資家から資金を得ていると伝えられている。継続可能な空飛ぶ円盤ボットは早かれ遅かれどこかが製作するだろうが、Warwick氏によると、それはAesir社かもしれないし、同社ではないかもしれない。「テレビのリアリティ番組のセレブよりも、企業の誕生と消滅が速い」業界なのだ。

posted by ubermensch at 00:48| Comment(0) | 世界征服系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。